Loeaの紹介

Loea  Frank Kawaikapuokalani K.Hewett(ロエア フランク・カヴァイカプオカラニ・ヒューエット)

Loeaの写真.jpg

Loea  Frank Kawaikapuokalani K.Hewett
(ロエア フランク・カヴァイカプオカラニ・ヒューエット)


ハワイ州政府から正式に認められた5人のカフナ(ハワイのシャーマン・神官)のひとりで、ハワイ州の公式の祭典ではチャンターの任を務める。
また、ハワイ王族の末裔であり、フラマスター、ヒーラー、シンガーソングライターとして、世界的に有名なハワイの重鎮。
「Kumu Hula」(クムフラ=師範格の称号)より高位の称号である、「Loea」(ロエア=マスター・学識者の称号)を持ち、「フラの神様」と言われ、世界中の人々に敬愛されている。
 
クハイ・ハーラウ・オ・カヴァイカプオカラニ・パー・オラパ・カヒコを1978年に設立。

現在フラの伝統を次世代に継承する若きクムフラの指導者として、そしてハワイで開催される数々のフラ競技会の審査員として尊敬を集めるフラ界の重要人物。
 Hulaの指導者だけでなく、ソングライターとしても多くの弟子を持つ。彼が書いた曲は多くのハワイアン・アーティストに取り上げられフラ・ソングの名曲としてフラ・ダンサーに愛されている。
 カネオへ出身。現在はハワイ島キラウエア火山の近くにハーラウ(教室)兼自宅を持ち、ハワイ、アメリカ本土、日本をはじめとするアジア各国、ヨーロッパなどを往来する多忙な日々を送りながら世界にハワイの伝統文化を紹介し続けている。
ウニキ卒業ロエアと.jpg







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。